FC2ブログ
2019/04/09

スポラノックスジェネリック


スポラノックスジェネリック


スポラノックスジェネリックは有効成分イトラコナゾール100mgを含有する世界的に有名な抗真菌薬です。
本剤はジェネリック医薬品であるためお安く設定されています。

真菌はカビの仲間です。真菌によって引き起こされる真菌症は、身体の表面に感染する表在性真菌症と、肺や肝臓などの臓器すなわち身体の深部に感染する深在性真菌症とがあります。
よく見られる代表的な真菌症は白癬菌による足白癬(水虫)、爪白癬(爪水虫)、頭部浅在性白癬(シラクモ)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(インキンタムシ)などやカンジダ菌によるカンジダ症です。

スポラノックスジェネリックの有効成分イトラコナゾールは白癬菌、カンジダ、アスペルギルスなど多くの真菌に対して有効なので、様々な真菌症の治療に世界中で使用されています。特に難治性の爪白癬の治療に多く使用されています。

スポラノックスジェネリックはトリアゾール系と呼ばれる抗真菌薬です。
強い抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルを持ち、白癬菌やカンジダをはじめ様々な真菌に対して著しい殺菌効果を発揮します。

スポラノックスジェネリックの有効成分イトラコナゾールは、真菌の細胞膜を構成する成分「エルゴステロール」の合成を阻害することで真菌の発育を抑制します。
ヒトの細胞膜にエルゴステロールは存在しないため、有効成分イトラコナゾールは人間の細胞には影響をきたしません。そのため毒性は低く安全に服用できます。

有効成分イトラコナゾールは病巣の移行性が良く、長く留まって殺菌効果を持続させるために様々な真菌症の治療に多く使用されています。
特に、爪白癬の治療といえばイトラコナゾールです。爪白癬は爪の中に真菌が隠れこんでしまうため治療が長くかかり厄介な病態だと言われていますが、イトラコナゾールがよく効きます。
一般的には外用薬で効果が見られなかった場合に本剤のような内服薬を検討します。

スポラノックスジェネリック
スポンサーサイト
2019/04/08

フィントップクリーム(メンタックスジェネリック)


フィントップクリーム(メンタックスジェネリック)


フェントップクリームは、一般名ブテナフィンのクリーム外用剤です。国内では同様の成分を含む医療用医薬品としてメンタックスクリームがあります。メンタックスクリームには1%の濃度でブテナフィンが含まれています。フェントップクリームは、足部白癬、股部白癬、体部白癬などの皮膚白癬症に効果を持ちます。成分のブテナフィンは真菌の細胞膜のエルゴステロールの合成を妨げます。そのため真菌は新たに細胞を作る事が出来ず、ヒトの体で増殖する事ができなります。真菌と異なりヒトの細胞膜は主にコレステロールで作られています。エルゴステロールの合成を妨げるブテナフィンは真菌の細胞だけに作用し、ヒトの細胞を傷付ける事なく真菌の増殖を抑える薬剤です。

フィントップクリーム(メンタックスジェネリック)
2019/04/08

ロセリルクリーム0.25%


ロセリルクリーム0.25%


爪水虫(爪真菌症)は、白癬菌が爪に侵入して引き起こされる感染症です。爪水虫の症状は、爪の一部が白や黄色っぽくなる、爪が厚くなる、爪の周囲のの皮膚がガサガサになる、などがあり、放置しておくと、爪の色が茶褐色~黒っぽく変化したり、爪がボロボロになり剥がれることもあります。そして、一度感染すれば白癬菌を退治しなければ治りません。

爪水虫の治療には抗真菌薬の内服が有効ですが、内服薬には副作用もあり、妊婦や肝臓の弱い方などは服用できません。他の治療方法としては概要の抗真菌剤の塗り薬がありますが、白癬菌は爪の奥にひそんでいるので、塗ってもなかなか成分が浸透しません。また、通常の外用薬は爪が生え替わるまで患部に毎日塗り続ける必要がありますが、爪が1枚生え変わるまでには手では約半年、足では1年弱かかります。治療にはかなりの根気が必要で、継続できずに再発するケースも多く見られます。

ロセリルクリームは爪に成分が浸透しやすい爪専用の水虫治療の外用薬で、1週間に1回の塗布で効果が期待できます。ロセリルクリームの有効成分の塩酸アモロルフィンはモルホリン系の抗真菌剤で、白癬菌の細胞膜の合成をブロックすることで強力にやっつける作用があります。浸透性が高く、塗布した後に有効成分が長時間にわたって患部にとどまるので、従来の外用薬に比べると使用回数が少なくても効果があります。

また、ロセリルクリームは塗り薬なので、薬の作用が局所的です。抗真菌薬の内服薬のような全身への影響がないので、副作用が出にくいというメリットがあります。

ロセリルクリーム0.25%
2019/04/04

ラミシール・スプレー(テルビナフィン)1%


ラミシール・スプレー(テルビナフィン)1%


ラミシールスプレーは、日本を含め世界中で使用されている抗真菌外用薬です。
主に水虫の治療に使用されますが、多くの真菌に対して強力な抗真菌作用を発揮するため水虫以外の皮膚真菌症にも有効です。

真菌はカビの一種です。多くの方がかかり誰もが聞いたことのある皮膚疾患「水虫」も、白癬菌という真菌が皮膚に寄生することで発症する皮膚真菌症です。足に感染するものを水虫すなわち足白癬と呼びますが、足以外にも爪に感染する爪白癬、身体に感染する体部白癬(たむし)などがあります。

皮膚真菌症の多くは白癬菌によるものですが、その他にもカンジダや癜風菌が挙げられます。
カンジダは元々体内に存在する常在菌で、疲労・病気などの要因によって免疫力が低下したときに活性化してカンジダ症を発症します。発疹、鱗屑(うろこ状のくず)、かゆみ、腫れなどが主な症状です。感染部位により、カンジダ性間擦疹(股部・腋窩・乳房下など)・カンジダ性指間びらん症・カンジダ性爪周囲炎・陰部カンジダ症などに分類されます。
癜風は水虫と同様に高温・多湿を好む真菌で、「マラセチア」とも呼ばれています。症状として体・腕・首などに淡い茶色の斑点が現れるのが特徴です。

ラミシールスプレーの適応症は以下のようになっております。

白癬菌による足白癬(水虫)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(いんきんたむし)
カンジダ菌による皮膚カンジダ症
癜風菌(マラセチア)による癜風
患部に噴霧するだけのスプレータイプなので患部に直接手を触れず清潔に治療できます。また、広い範囲に使用しやすい・携帯に便利などたくさんのメリットがあります。

ラミシールスプレーの有効成分テルビナフィンはアリルアミン系と呼ばれる抗真菌薬です。
強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを兼ね備えていることが特徴で、様々な真菌を強力に抑制します。

ラミシールスプレーの有効成分テルビナフィンは、真菌細胞特有の細胞膜の成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することによって真菌の発育を抑制・阻止して死滅させます。
テルビナフィンは細胞自体に働きかける薬ですが、人間の細胞にはエルゴステロールがないため影響せず安全です。

ラミシール・スプレー(テルビナフィン)1%
2019/04/04

ラミシールクリームジェネリック(ファンゴテック)10gm


ラミシールクリームジェネリック(ファンゴテック)10gm


ファンゴテッククリームは、インドのFDC社が製造販売しているお薬です。
FDC社は様々な医薬品のジェネリックを製造販売しております。

ファンゴテックの有効成分テルビナフィンは様々な真菌(カビ)に対して効果が期待できます。
股部白癬(いんきんたむし)にもご使用いただけます。

足・体・股の白癬(水虫)や皮膚カンジダ、癜風(でんぷう)の疾患に対して効果があります。
水虫は白癬と呼ばれ、真菌に分類される感染症です。
感染すると、足などの皮膚がかゆくなったり、乾燥、ひび割れなどすることがあります。

足以外にもいんきんたむしという股に真菌が感染することもあります。
5人に1人は水虫になると言われております。
足や股が蒸れることで真菌が増えやすい環境にあるため、夏場に多いのが特徴です。

しかし冬に発症することもあります。
特に女性は、長めのブーツを履かれることで、足が蒸れやすい状態になり、雑菌などの繁殖で水虫になられる方がいます。
こまめに足を洗う習慣を心がけて、清潔な状態を保ちましょう。

水虫と汗疹(あせも)は、ご自身で判断することが難しく、治療薬も全く異なります。
特に水虫に汗疹のお薬(かゆみ止めとして使われるステロイド薬)を使うと、却って悪化します。必ず皮膚科へ受診してください。

テルビナフィンを使用することにより、水虫などの真菌細胞内のスクアレンエポキシダーゼという細胞を作る酵素を選択的に阻害しますこれによって、真菌の細胞が作れなくなり(スクアレンの蓄積、エルゴステロール含量の低下)抗真菌作用を示します。
皮膚糸状菌に対しては低濃度で細胞膜構造を破壊し、殺真菌的に作用します。

ラミシールクリームジェネリック(ファンゴテック)10gm