FC2ブログ
2019/04/08

ロセリルクリーム0.25%


ロセリルクリーム0.25%


爪水虫(爪真菌症)は、白癬菌が爪に侵入して引き起こされる感染症です。爪水虫の症状は、爪の一部が白や黄色っぽくなる、爪が厚くなる、爪の周囲のの皮膚がガサガサになる、などがあり、放置しておくと、爪の色が茶褐色~黒っぽく変化したり、爪がボロボロになり剥がれることもあります。そして、一度感染すれば白癬菌を退治しなければ治りません。

爪水虫の治療には抗真菌薬の内服が有効ですが、内服薬には副作用もあり、妊婦や肝臓の弱い方などは服用できません。他の治療方法としては概要の抗真菌剤の塗り薬がありますが、白癬菌は爪の奥にひそんでいるので、塗ってもなかなか成分が浸透しません。また、通常の外用薬は爪が生え替わるまで患部に毎日塗り続ける必要がありますが、爪が1枚生え変わるまでには手では約半年、足では1年弱かかります。治療にはかなりの根気が必要で、継続できずに再発するケースも多く見られます。

ロセリルクリームは爪に成分が浸透しやすい爪専用の水虫治療の外用薬で、1週間に1回の塗布で効果が期待できます。ロセリルクリームの有効成分の塩酸アモロルフィンはモルホリン系の抗真菌剤で、白癬菌の細胞膜の合成をブロックすることで強力にやっつける作用があります。浸透性が高く、塗布した後に有効成分が長時間にわたって患部にとどまるので、従来の外用薬に比べると使用回数が少なくても効果があります。

また、ロセリルクリームは塗り薬なので、薬の作用が局所的です。抗真菌薬の内服薬のような全身への影響がないので、副作用が出にくいというメリットがあります。

ロセリルクリーム0.25%
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

KEYWORDS: